テキトーにネタを投下していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

VF5FS_システム 側面壁やられ

■側面壁やられ■

●側面壁やられ仕組み
・ダメージ20までで壁に側面から当てると発生
・側面壁やられ発生は、側面壁ヒットした次のフレームから開始
・側面壁やられ発生から42F間はガード不能
・側面壁やられ終了後は側面状態(3F間の立ちガード不能時間がある)
・側面壁やられ中に技がヒットすると体力ゲージのダメージが繋がる
・側面壁やられ終了後の側面状態では体力ゲージのダメージは繋がらない


●側面壁やられ誘発時の有利フレーム
・技の硬化
・壁に当たるまでのフレーム
が関係する。


●壁に当たるまでのフレーム
※以下の話は、相手が壁に密着している事を前提とする
※壁との角度や足位置は考慮してない
※テキトー調べなのであしからず

側面壁やられ誘発技がヒットして、
壁に当たるまでの(最小)フレームは技によって違う。

例えば、
剛の側面壁やられを狙う際に使う1Kや2or8K+Gは、
技がヒットして2F目に相手が壁ヒットするけど、
ベネッサの(O)1Pは3F目に壁ヒットするようです。
なので、
同じ硬化の技でも側面壁やられ時の(最低)有利フレに1,2Fの差がある場合がある。

これにより、
技の硬化さえ調べれば、
側面壁やられ誘発時の(最低)有利フレが簡単に分かるな思ってたけど、
技の硬化に加えて、壁に当たるまでのフレも考慮しないといけなくなって愚痴を垂れ流す。
まぁ、1,2Fの差しかないだろうけど。

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。