テキトーにネタを投下していくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

VF5FS_剛 側面にPKがヒットした時の攻め ~背向け編~

側面にPK4がヒットした後の側面攻め■
~背向け編~ 

 


※注意※

以下の説明は、

相手の側面にPK4がヒットして、自分は背向けという状況を想定して、

その後の選択肢を紹介しています。


■状況

・相手の側面を取った状態
・剛自身は背向け状態
+8Fの有利
・発生11Fの技まで[避け][ガード][当身・捌き]が不能。
・発生12Fの技まで[ジャンプ回避]が不能 (※地上ヒット)
・発生20Fの技まで側面ヒットor側面ガード。
・発生22Fまでの回転技が最速避けキャンセルで回避されない。

※メモ※

・ジャンプ:1F4F目まで地上判定、5F目から空中判定。投げは1F目から回避可能。

・側面状態有効フレーム:12F + 有利フレーム

・避けキャン不可フレーム:(11 + 3) + 有利フレーム

 

■大雑把まとめ

()P+G()P+K()PK43つを使う。


()PK

コマンド発生判定ダメージ避け方向GNHCH備考
(背)P1110-6[-4]-4[-2]+1[+3]Pからの技に派生

()Pは発生11Fで、

[避け][立ちガード][当身・捌き][ジャンプ回避]が不能となる。

相手は[しゃがみ][しゃがみ状態の技]でしか回避できない。

()PK

[しゃがみ][しゃがみ状態の技]でしか回避できない選択肢。

ヒット時にPK4で背向けになれば、側面+8F有利となって再び同じ状況となる。

なので、()PK4()PK4()PK4→・・・のように、

相手が[しゃがみ][しゃがみ状態の技]の選択肢を
行なうまでPK4をループさせる事ができる。

 

()P+K

コマンド発生判定ダメージ避け方向GNHCH備考
(背)P+K1620-6[-3]+5[+8]+9[+12]-

()P+K[しゃがみ][しゃがみ状態の技]の対して強いので、()PKの対になっている。

また、[ジャンプ回避]にも空中ヒットして追撃が入る。

[当身・捌き][背側への避け]に対しては弱い。

避けられた場合は最大で-10Fの不利。

ガードされても距離が離れる事や、避けられても不利フレームが小さいので、

とりあえずの一手として優秀。

特定の状況でカウンターヒットすると、相手を背向け状態にできて背後投げが確定する。
 

()P+Kで相手が背向け状態になる状況は?

66PK+Gがカウンターから

66PK+Gがカウンターヒットして、

[立ちガード]不能のPK4を当てて背向けになった状況から可能。

・避け or OMから

剛自身の背側へ[避け][OM]から側面を取って、

PK444P9K+Gで背向けになった状況から可能。
 

●相手が背向け状態の状況

66Pが側面から当たって、相手を背向け状態にした時と同じ状況になる。

ノーマル (相手は背向け状態)カウンター(相手は背向け状態)
()P+K

13Fまでの技が[立ちガード]不能

19Fまでの技が[避け]不可

17Fまでの技が側面ガード/ヒット

17Fまでの技が[立ちガード]不能

23Fまでの技が[避け]不可

21Fまでの技が側面ガード/ヒット

・ノーマルヒット

背向け状態の相手に対して、上段と中段の2択を迫れる。

ただし、()P+K+8Fの有利なので、中段の選択肢としての3KPなど発生19F以上の技は、

発生10Fの背後攻撃に割り込まれたり、

発生11Fで基本ダメージが高い技に打ち負けたりする可能性があるので一応注意。

ラウやリオンの()Kなどが該当する。
 

・カウンター

背向け状態の相手に対して、背後投げ(70ダメージ)が確定して、

100ダメージの大きなリターンがある。

また、発生16F(17F)2_3P+Kが確定するので、

よろけ誘発させて3Pで浮かせてコンボが狙える。

壁際なら、

よろけに2_3P+K1P+Kで壁貼り付けなどが狙える。

発生17F6P+Kでヒットバックさせて壁に当てる事も可能。
 

※メモ※

・対ガード

()P+Kをガードされた時は、相手の背中側へOMすると反撃をスカしやすい。

また、相手の背側へ避けると背後を取れる場合がある。

ガードされてもヒットバックが多少あるので、

バックダッシュ~避け(キャンセル)や、バックダッシュ~打撃などの行動も可能。
 

・背後投げコマンド

背後投げはP+G入力だが、41236P+G63214P+Gなどのコマンド入力を含んでいても可能。

カウンター時に背向けか正面かの判断が面倒なら、

毎回コマンド投げ入力しとけばオケ。

正面向きになった場合でもコマンド投げになるのでお得。

()P+G

コマンド発生判定ダメージ避け方向GNHCH備考
(背)P+G14上キャッチ投げ28-----

発生が早い上段キャッチ投げ。

側面+8F有利の状況では、

・投げ抜け&避けができない

・しゃがみ回避できない

・立ち技暴れを吸い込む

という利点があり、
[しゃがみ状態の技][ジャンプ回避]以外の選択肢に対して非常に強い。

その2つの回避方法には()P+Kで勝てるのでほぼ対の選択肢となっている。

投げ成功時のコンボは、

重量級:()P+G3PP(54)

中量級:()P+G3P2P2_3P+K(64)

軽量級:()P+G3PP6KP+G(80) ※一部キャラ

となっている。

()K

コマンド発生判定ダメージ避け方向GNHCH備考
(背)K1430-3[+3]-

基本30ダメージで、カウンターなら45ダメ。

カウンター時のみK(稲妻蹴り)などで追撃できる。※キャラの重さ&距離による

避けられた場合は最大で-9Fの不利。

側面ガードさせれば+3F有利でリスクが無いが、

上段である事や、避け方向が蛟龍殺と同じで、

カウンター時のコンボも安定しないので、ちょっと微妙。

ヒット時に剛自身の背側へ、きりもみ状態で飛ばす性質があり、

()背側」の状況では、「壁貼り付け」や「壁もたれ」を誘発できるので強い。

■(背)2P
コマンド発生判定ダメージ避け方向GNHCH備考
(背)2P1420-2[+1]+4[+7]+13[+16]-

発生14Fの中段(直線)

避けられた場合は最大で-7Fの不利。

ヒットすると相手は強制的にしゃがみ状態になる。

側面カウンター時は、発生19Fまで[避け][ガード]不能になるので、

1P+Kなど中段コンボ始動技が確定する。

また、

Kが確定となり、[(側面)しゃがみ]にヒットする。

詳しくは、

[黒鉄砕(66P)と霧払い(K+G)からの選択肢~カウンターヒット編~]Kの項目を参照。
 

●鉄槌を下す

()2Pが側面カウンターになりやすい状況を能動的に作り出せるネタがある。

通常、PK4を側面ガードさせると+1Fの有利となるが、

①:相手との足位置がハの時

②:剛自身の腹側へOM

上記の2つの条件を満たす状況からPK4を側面ガードさせると、

PK4Kの部分の持続を側面ガードさせる事ができて、側面+2Fの有利となる。

なので、相手の立ちP2P()2Pでカウンターが取れる。※発生11Fの立ちPは省く

ちなみに、

2キャラ分ぐらい距離が離れている状況では、

①の「足位置」が関係なくなり、
剛自身の腹側へOMしてから出せば側面+2Fの状況を作り出せる。

ちなみに、②のOMからは[避け]からも可能かもしれないが、

面倒なのが目に見えているので調べてない。

()2K

コマンド発生判定ダメージ避け方向GNHCH備考
(背)2K1820-12[-9]-4[-1]+12[+15]-

使用する機会はあまり無い発生18Fの下段(直線)

下段なので()P+K()2Pなどに、

中段当身や中段捌きを狙ってくる場合に有効かも。



スポンサーサイト
  10/04 VF5FS_剛 TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。